リフォームも可能

おしゃれなインテリア

一戸建て住宅の歴史は戦後に遡ります。戦後から20年ほど経過したとき、住宅の供給が10分に間に合うようになりました。当時は一戸建てよりも集合住宅の方が多く、一戸建ては夢のまた夢でしたが、少しずつ資材や法整備が充実するようになり、一戸建て住宅の建設も増えてきました。ただこの当時は分譲住宅が中心でした。 やがて、分譲住宅が増えてくると、住宅に対する要望はさらに上がり、自分の設計した家に住めるという注文住宅が広まってきたのです。この頃になると、一戸建て住宅に住むのが1人前であると言う考え方が一般的になってきました。 ただ景気は下向くと人々の所得が少なくなり、一戸建て住宅を変える年齢層の給料も下がったため住宅の需要が減ってきたのです。

このように、住宅の需要が減ってきてからも建築件数も減少しています。 上今後の一戸建て住宅はどのように変化するでしょうか。 現在の問題点は、中古住宅の増加です。中古住宅は恋の行方続けており、300万戸を上回っています。今後は、新築住宅を増やすよりも中古住宅を利用した住まいを増やすことが課題となっています。 中古住宅販売する上で重要になってくるのがリフォームやイノベーションです。なぜなら例え価格が安くなったとしても、人が使用した中古品をあまり好まないからです。 また、住宅に関して言えばアンティークとしての価値がない家が大半で、建物自体も20年も経過すれば無価値になってしまいます。そこで少なくともリノベーションやリフォームをすることで新築と変わらない住宅になるのです。